壮大なオーケストラ

オーケストラに関する情報が満載!

知っておきたい、オーケストラの編成について

オーケストラとは、狭い意味では弦楽器・木管楽器・金管楽器・打楽器という4種類の楽器によって編成される合奏のことで、日本語では「管弦楽」と呼ばれるものです。
しかし広い意味では、単に多くの楽器を使った大編成の合奏のことを指す場合もあります。
あるいは、単に伴奏という意味で「オケ」と略されたり、または楽器の構成数が少ない室内楽や、ポピュラー音楽のバンドと区別するという意味もあります。
意外な豆知識としては、ピアノはクラシック音楽でもよく使われている楽器というイメージがありますが、狭い意味でのオーケストラには含まれないということがクラシック音楽の常識として知られています。
さらに実際の形態としては、クラシック音楽の分野では「交響楽団」や「室内管弦楽団」がそれに当たるもので、ほかにもラテン音楽やジャズの分野でも大編成の楽団による演奏が見られます。
またオーケストラの編成は時代とともに変化しているものであるため、クラシックの分野においては、バロック・古典派・ロマン派や、さらに20世紀以降のものなど、それぞれの時代の音楽を演奏(再現)するためには、それぞれの時代に応じた楽器の編成スタイルが必要になるという事情があります。

オーケストラの4つの主な形態

英語のorchestraという言葉は、ギリシャ語の「オルケストラ」が由来と言われています。
オルケストラとは古代ギリシャの劇場の舞台の前方のことで、そこで演奏者が楽器を演奏したりダンサーが踊りを披露したりしました。
現在ではその種類も多種多様な形態が存在し、交響楽団、室内管弦楽団、ウインドオーケストラ、さらに広義で言えば、バンドといった小規模なものもあります。
交響楽団とは比較的多くの人数で構成されるものを指し、時には100人を超えることもあるようです。
演奏奏される楽器には弦楽器、管楽器に加え、打楽器やピアノなどの鍵盤楽器も含まれます。
交響楽団という形態は、ベートーベンに代表される古典派の音楽、またその時代から現代に至るまでの音楽を演奏する際によく用いられます。
室内管弦楽団とは交響楽団よりも小規模の編成で、主に弦楽器が中心となっています。
バッハに代表されるバロック音楽にこの形態がよく見られます。
ウインドオーケストラとは金管楽器と打楽器で構成されるブラスバンドに、木管楽器が加わったもので、現在中学校や高校にある吹奏楽部はそれに含まれると言ってもよいでしょう。
オーケストラとは複数の楽器による、音楽を演奏するために組織された団体と定義されることからすると、いわゆるロックバンドもその範疇に入れて差し支えないでしょう。

おすすめWEBサイト 8選

格安スマホ ランキング
http://www.royalfamilyrecords.com/ranking
日本橋 歯医者
http://alive-dc.jp/
キャットフード ランキング
http://www.melissakitchow.com/ranking
プロポーズ 大阪
http://www.enjoy-propose.com/
年賀状印刷
https://www.nenga.co.jp/
育毛 シャンプー
http://k.futol.net/
不妊
http://www.hanabusaclinic.com/
美容室 池袋
http://arky.jp/

2015/9/1 更新

Copyright(C) 2015 壮大なオーケストラ.com All rights reserved.